So-net無料ブログ作成
検索選択

ドッグフードを選ぶとき 酸化防止剤は、しっかり見ちゃうかな [ドッグフード選びで気なる事]

我が家では、結構、手作りもするけど、基本はドッグフード。その理由は、栄養のバランスと手軽さ。そのキッカケは、最初に飼っていたドーベルマン。

父は、最初から手作りのみで、人が食べるものと似たような食べ物を、塩分などの味付けがないものを食べさせてたんです。

ドーベルマンは、動きも活発で、食欲旺盛。どんどん食べるんだけど、毛並の艶がなくなってきて、病気にまではならなかったけど、どうも、冴えない感じというか、様子がおかしいというか。

当時、小さかったから、どのブランドかまでは覚えてないんだけど、良さげなドッグフードを与えたら、ちゃんと元気に毛艶も戻りました。

足りないものが、あったんでしょうねぇ。食べる量が多い分、量も種類も必要だから、栄養バランスがとりにくかったのかな。

今よりも昔の方が何が入ってるか分からない時代だったし、どうだろうと思ってたんだけど、それ以来、ドッグフードでも、イイモノはイイのねということに。

そんな父は、今では、それがキッカケかどうかは分からないけど、結構な健康オタク。カラダにいいお茶とか、サプリとかは好んで飲んでて、スーパーで買い物するときも、お惣菜などを買うときには、酸化防止剤をすかさずチェック。そう、愛犬のドッグフードでも、真っ先に見るのが、酸化防止剤。

ドッグフード向けに、使われやすい酸化防止剤だと、発がん性が報告されている BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、肝臓腎臓の機能障害などのBHT(ブチルヒドロキシトルエン)、日本では農薬への使用も認められていない エトキシキンなどがあります。これらが、あるのは避けてます。

酸化防止剤でも、こういう合成モノばっかりかというと、そんなこともなくて、天然モノもあります。例えば、化粧品でも使われるくらいのローズマリーとかなら、大丈夫ねという感じ。天然由来のビタミンCとか、Eなどがあればという話。

ただ、天然だと、長期間は持たないから賞味期限には要注意。それでも、それなりに持つから、わんちゃんが1日に食べる量は、体重の2~3%ぐらいだから、だいたい毎月食べる量は計算できるし。

手作りがいいのは、酸化防止剤を使うことなく食べさせられることかも。天然でも、ビタミンCなら過剰にとってもオシッコで出るけど、ビタミンEは摂り過ぎは良くないし。

それでも、合成よりは、天然がいいのは、間違いないかな。わんちゃんは、やっぱり、元気じゃないとねぇ。


nice!(144) 
共通テーマ:ペット

愛犬用には途中で分けてつくれば、いいじゃない 豚肉のトマト煮込み [手作りドッグフードレシピ]

自宅で、家族の健康のためにというか、おいしいのでよく作るのが、豚肉やひよこ豆などが入ったトマト煮込み。愛犬も、家族同然なので、同じようなものを一緒に。でも、愛犬用だといつものパターンで、途中まで一緒に作り、最後の仕上げが違います。

材料は、どのくらいかというのも、みんなで食べるのが前提なので、分量が愛犬だけだとどのくらいかしら。材料は、豚肉、ニンジン、じゃがいも、トマトの缶詰(水煮、1つ)、ひよこ豆。

豚肉は、脂が少ないヒレ肉、ひよこ豆は乾燥だと水で洗って水にひたして、5時間以上は。この暑い時期だと、水をはって放置してるといたみそうなので、途中で水を入れ替えるか、冷蔵庫に入れておいた方がいいかも。

人が食べる用だと、ニンニクとかも入れるのですが、それは、わんちゃんにはちょっと。そこで、食べやすい大きさに、材料を切って、オリーブオイルで軽く炒めて、後は、トマトの水煮とちょっと浸るくらい水を入れて、ローリエを加えて、圧力ナベで5分ぐらい。後は、余熱を冷まして、完成。野菜不足かなというときに、あげてます。

私達が食べる方は、さらに、チキンコンソメ、塩、こしょう、バジルなどで味付け。私達が食べるにしても、生野菜もいいけど、普段食べにくい豆類も上手く料理に取り入れてとなると、こんな感じが多いかも。

食べ物の話だと、我が家では、愛犬だけだから心配ないのですが、わんちゃんとネコちゃんを両方飼っている方だと、愛犬が、脂肪分が多めのキャットフードをどんどん食べて、激太りしたりも。

わんちゃんが、食べるからとキャットフードを与えると、わんちゃんも雑食だから、食べてすぐに体調が悪くなるようなことはないけど、栄養のバランスが違うから、やっぱりダメね。


nice!(121) 
共通テーマ:ペット

とりの胸肉を細く切って、ビーフジャーキーみたいな [手作りドッグフードレシピ]

わんちゃんに必要な栄養素は人と変わらないのですが、バランスがちょっと違ってて、人よりも肉などのたんぱく質が全体の半分以上、6割ぐらい、次に野菜が多く、そして、炭水化物などのその他という感じ。

毎日、手作りのドッグフードでとなると、栄養バランスを考えて作らないといけないから、結構、大変。でも、毎回作らなくても、手作りでも多めに作って、冷蔵庫に入れておけば、2日間ぐらいなら問題ないはず。

我が家の場合は、ドッグフードがメインで、その合間に手作りが入るという感じ。だから、手作りのときは、ドッグフードが栄養バランスはしっかりしてるから、かなり自由に大雑把かな。

父が、燻製好きで、お酒のおつまみのためによく自宅で、ビーフジャーキーなども作ってるんです。これが、結構、こってまして、塩漬けにして水分とったり、牛肉を自作のたれに入れて一晩、天日で乾燥させてから、最後は燻製にと。

これをお酒を飲みながら、おいしそうに食べるものだから、わんちゃんがみるからに食べたそう。でも、ビーフジャーキーはスパイシーだから食べさせられないから、代わりにあげるのが、お手製 鶏肉のジャーキー

父のビーフジャーキーに比べると、材料もとりの胸肉だけとシンプルでカンタンです。1cmぐらいの幅に細く切って、オーブンで水分を飛ばして、ビーフジャーキー風にするだけ。

それだけなんですが、水分をできるだけ取るために、キッチンペーパーで余計な水分を取って、水分を飛ばすために150度以下の低温で両面をこんがり。合計1時間ぐらい焼くのですが、焼けてくると脂が溶けて肉汁なども出るので、それをたまにオーブンを開けて、拭き取りながら焼きます。味は、そのまんまの鶏肉味かしら。

手作りドッグフードで、塩分はダメなの?という話があるのですが、ちょっと多めに取って、すぐに体調が悪くなるというほどではないのですが、わんちゃんの場合、普通に食べ物に含まれている塩分で必要量は十分。それ以上取り続けると、塩分取りすぎで病気になる可能性があります。

ということで、愛犬用の鶏肉ジャーキーを作るときも、塩で水分を抜くことができないので、焼くのみ。さらに手間をかけるなら、天日干しもいいかも。これは、もちろん、人も食べれるのですが、食べてみると、塩分がないから味気ない。愛犬は、大喜びでかじりついてるから、好みに合ってるみたい。

燻製にしたのとは違って、かなり堅くはなるのですが、ビーフジャーキーほど水分が抜けてないので、市販のものより持たないです。とくに、梅雨の時期だと湿気が多いので、冷蔵庫で保管してもお早めに。

思いっきり、たんぱく質だけなので、ご飯というより、おやつですね。食べっぷりをみると、何でも食べる雑食なのですが、お肉好きねぇという感じ。

喜んでるから、どんどん食べさせたくなるけど、基本的には、体重の2~3%が食事の量で、朝晩の2食、間におやつはあげますが、あげ過ぎないようにはしてます。
nice!(97) 
共通テーマ:ペット

父はドーベルマンが大好き♪だけど、 最後は、ミニチュア・ピンシャー [はじめに]

私が小さい頃から、気が付けば我が家には大きなドーベルマンが。これは、父の趣味で、可愛らしいよりも、カッコよくという感じ。スリムで精悍な顔立ちが、お気に入りで、普段ブレ気味の父がここは頑固に曲がりません。

ところが、いつだったか、愛犬 ジョン(メスなのに)を連れて、朝の散歩から帰ってきた父の背が血まみれ。話によると、何か小動物を見つけたジョンが、突然、猛ダッシュ! パワーもあるし、不意をつかれた父は、リードを握ったまま引きずられ、トゲトゲのばらせんの下をズズっと。

これが、どうも、体力に自信のあった父にはショックだったみたいで。気が付いたら、ジョンが知り合いに貰われて行ってしまって。

なんだか、可愛そうな気もするけど、知り合いだからどんな人かも知ってて。物凄く、可愛がられてたから、良かったのかなという気も。

もう、ドーベルマンはコリゴリなのねと思ったら、今度、つれて来たのが、ドーベルマンを物凄く小さくしたようなミニチュア・ピンシャーを連れてきて。大きさは違うけど、カタチはほぼそのまんま。

このミニチュア・ピンシャーもメスなのですが、生後まもなくで我が家に。これが、世渡り上手なのか賢く、悪さをすると、まずは可愛さをふりまき、我が家で一番力があるとみられる母にゴマをすりすり。

それでも、収まりそうにないことをやっちゃったときは、真っ先に家を飛び出し庭に逃げて、姿を消して、家族が探す姿を木陰から眺めるというタイプ。子犬の頃から、こんなんだから、こういう性格に違いないです。

料理は普通にするので、もちろん、愛犬にも。ただ、人と犬では、基本的には同じようなものだけど、必要な栄養素のバランスはちょっと違って、気をつけることがいくつかあります。

私自身は、手料理だと何でもいいような印象があるけど、毎日食べさせるとなると、手間がかかることもあるけど、よほど栄養バランスを考えないと体調が悪くなりがちで。

今では、時間があれば手作り、基本的には栄養バランスがいいドッグフードという感じ。ドッグフードにもコダワリがあって、成分内容から納得したものを選んでます。ペットフードは、人が食べるものと違って、良し悪しの幅が大きくて。

このブログは、個人的なメモ代わりに、手作りフードのレシピ、ドッグフードの成分の話などいろいろ書き留めておきたいと思います。
nice!(26) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。